新着情報

2020/09/02

南君(M2)の論文が『New Journal of Chemistry』のFront Coverに掲載されました。

2020/09/01

松原康郎博士が特任准教授として着任しました。

2020/08/24

片桐君(D2)の研究論文が『New Journal of Chemistry』に掲載されました。
"Trivalent metal ion promote malic enzyme-catalyzed building carbon-carbon bonds from CO2 and pyruvate"
DOI: 10.1039/D0NJ03449E

2020/07/22

東京工業大学 宮地 輝光 助教との共同研究の論文が『Physical Chemistry Chemical Physics』に掲されました。
"How does methylviologen cation radical supply two electrons to the formate dehydrogenase in the catalytic reduction process of CO2 to formate?"
DOI:10.1039/D0CP02665D
→詳しくはこちら(大学ホームページ)

2020/07/08

佐藤 君(M1)の論文が、「New Journal of Chemistry」 のHOT Articleに選出されました。 HOT Articleとは、「New Journal of Chemistry」に採択された論文のうち上位10%の論文が選ばれるものです。
→詳しくはこちら

2020/06/25

南君(M2)の研究論文が『New Journal of Chemistry』に掲されました。
"Enhancement of catalytic activity for selective hydrogen production from formate with homogeneously poly(vinylpyrrolidone)/cationic poly(l-lysine) dispersed platinum nanoparticles"
DOI: 10.1039/D0NJ02032J

2020/06/17

南くん(M2)の研究に関する記事が、化学工業日報2020年6月17日4面に掲載されました。

2020/06/10

片桐君(D2)が第13回 GSC Student Travel Grant Award(公益社団法人新化学技術推進協会 GSCN会議)を受賞しました。
→詳しくは こちら

2020/05/01

佐藤君(M1)の研究論文が『New Journal of Chemistry』に掲されました。
"Can formate dehydrogenase from Candida boidinii catalytically reduce carbon dioxide, bicarbonate, or carbonate to formate?"
https://doi.org/10.1039/D0NJ01183E
→詳しくはこちら(大学ホームページ)

2020/04/16

南くん(M2)の研究論文が『Sustainable Energy & Fuels』に掲載されました。
"Catalytic mechanism for selective hydrogen production based on formate decomposition with polyvinylpyrrolidone-dispersed platinum nanoparticles"
https://doi.org/10.1039/D0SE00363H
→詳しくはこちら(大学ホームページ)

2020/04/01

新4年生、前期博士課程1年生が当研究室に配属されました。

2020/03/24

学位記授与式がありました。
当研究室からは学士1人、修士1人が卒業・修了します。

2019/12/23

石橋君(M2)の研究論文が『ChemCatChem』(2019年12月3日)のCover Featureを飾りました。
"Photoelectrochemical CO2 Reduction to Formate with the Sacrificial Reagent Free System of Semiconductor Photocatalysts and Formate Dehydrogenase "
https://doi.org/10.1002/cctc.201901563
→詳しくはこちら(大学ホームページ)

2019/12/15

東特任准教授が「触媒学会奨励賞」を受賞しました。
[業績]可視光水分解のための非酸化物光電極および光触媒の開発
→詳しくはこちら

2019/11/11

立命館大学 民秋 均 教授との共同研究の論文が『Photochemical & Photobiological Sciences』(2019年11月号)のInside front coverを飾りました。
"Visible-light driven hydrogen production using chlorophyll derivatives conjugated a viologen moiety in the presence of platinum nanoparticles"
https://doi.org/10.1039/C9PP00176J
→詳しくはこちら(大学ホームページ)

2019/05/24

片桐君(D1)が「Southeast Asia Catalysis Conference 2019」において、「Best Poster Award」を受賞しました。

2019/04/01

新4年生が当研究室に配属されました。
竹田浩之博士、東正信博士が特任准教授として着任しました。
片桐君(D1)が学術振興会特別研究員(DC1)に採用されました。

2019/03/25

卒業式、修了式、学位記授与式がありました。
本研究室からは学士1人、修士1人が卒業・修了します。

片桐君が「研究業績優秀賞(若野賞)」を受賞しました。

2019/03/05

南君(B4)が「第10回OCARINA国際シンポジウム」において、「Director's Award」を受賞しました。

2019/03/04

南君(B4)が「卒業研究発表会ベストプレゼンテーション賞」を受賞しました。

2019/01/01

田部博康博士が特任講師として着任しました。

2018/12/07

石橋君(M1)の論文が『New Journal of Chemistry』のBack Coverに掲載されました。
"Activation of the catalytic function of formaldehyde dehydrogenase for formate reduction by single-electron reduced methylviologen"
DOI:10.1039/C8NJ02211A

2018/07/11

片桐君(M2)が「8th IUPAC International Conference on Green Chemistry」における「Student Scholarship」に選ばれました。

2018/06/25

天尾教授が教員活動表彰(一般表彰)の研究分野において表彰されました。
 →詳しくはこちら (ReCAPホームページ)

2018/06/17

石橋君(M1)が「8th IUPAC International Conference on Green Chemistry」における「Student Scholarship」に選ばれました。

2018/05/14

天尾教授の論文が『New Journal of Chemistry』に掲載されました。
"Visible-light driven electrochemical biofuel cell with the function of CO2 conversion to formic acid coupled thylakoid from microalgae and biocatalyst immobilized electrodes"
DOI:10.1039/C8NJ01118D
 →詳しくはこちら(大学ホームページ)

2018/04/01

新4年生が当研究室に配属されました。

2018/03/22

卒業式、学位授与式がありました。当研究室から学士1名が卒業します。

2018/03/06-07

片桐君(M1)が「第9回OCARINA国際シンポジウム」において、「POSTER PRIZE」を受賞しました。

2018/01/19

天尾教授が英国王立化学会フェロー(FRSC: Fellow of the Royal Society of Chemistry)に選出されました。
 →詳しくはこちら(ReCAPホームページ
         (大学ホームページ

2017/10/05

片桐君(M1)が「the 7th International IUPAC Conference on Green Chemistry」において、「RSC Green Chemistry Poster Prize」を受賞しました。

2017/09

池山特任助教の論文が「Sustainable Energy & Fuels」のInside back coverに掲載されました。
"A novel electron carrier molecule based on a viologen derivative for visible light-driven CO2 reduction to formic acid with the system of zinc porphyrin and formate dehydrogenase"
DOI:10.1039/C7SE00255F
 →研究内容のプレスリリースはこちら(大学ホームページ)

2017/06/30

片桐君(M1)が「第36回光がかかわる触媒化学シンポジウム」において、「優秀ポスター賞」を受賞しました。

2017/06

天尾教授の論文がChemistry Letters(2017年6月号)の表紙を飾りました。
"Viologens for Coenzymes of Biocatalysts with the Function of CO2 Reduction and Utilization"
https://doi.org/10.1246/cl.161189
 →詳しくはこちら

2017/05/09

ホームページをリニューアルしました。

2017/05 以前の主なトピックス

2017/04/01
特任助教として、池山秀作博士が着任しました。
新4年生が当研究室に配属されました。

2017/03/21
学位授与式、修了式、卒業式がありました。当研究室から、博士1名、学士2名が巣立ちます。

2017/03/07
片桐君(B4)が「第8回OCARINA国際シンポジウム」において、「8th OCARINA Poster Prize」を受賞しました。
 →詳しくはこちら(OCARINAホームページ)

2017/01/21
天尾教授が国際シンポジウム「Asia-Pacific Congress on Catalysis(2017年1月17-21日:インド・ムンバイ)」において、「Best Oral Presentation」を受賞しました。
 →詳しくはこちら(ReCAPホームページ)

2016/09
当研究室の研究成果が、新聞で紹介されました。
〇8/23 化学工業日報
〇8/25 朝日新聞
〇9/5  日本経済新聞
 →詳しくはこちら(大学ホームページ)

2016/08/26
天尾教授が日本銀行大阪支店長と対談しました。
対談内容は日本銀行大阪支店のホームページに紹介されています。
 →【対談録】人工光合成研究センター所長 天尾豊 × 大阪支店長 宮野谷篤

2016/08/05
池山院生(D3)らの論文が、Chemistry Lettersの優秀論文(Editor's Choice)に選定されました。
"Novel Artificial Co-enzyme Based on Reduced Form of Diquat for Formate Dehydrogenase in the Catalytic Conversion of CO2 to Formic Acid"
https://doi.org/10.1246/cl.160389
 →学内の紹介ページはこちら